返済のコツ

このサイトで何度も口をすっぱくして言っている「消費者金融は返済が肝」ということを、さらに掘り下げて紹介していきます!


消費者金融の返済をスムーズにするには

まず用意していただきたいのは手帳です(紙製のものでもスマホなどの手帳機能でも可)。
これに実際に消費者金融からお金を借りられたその日から、毎月の給料日のところに以下の3点を記入していってほしいのです。

1:残り返済回数
2:借入残高
3:返済後の給与残高=翌月使っていいお金

3に関しては 給料-(家賃・光熱費・通信費・交通費などの生活費+返済に使うお金)で計算した額のみを記入するとより分かりやすいかと思います。
1
そしてさらに次の月に何かお金を払う予定が入り次第どんどん記入して「使っていいお金」の残りを明確にしていきましょう。
2
こうすることで今月の使っていいお金の残りが明確になりやすく、予想外の出費に備えられることで「借金のせいで生活がいっぱいいっぱいだよ!」とストレスを感じることも減ります。
(合わせて読みたい>>楽に返済したい人向けランキング


借金でストレスを感じないために

不測の事態に出くわすとそれだけでストレスを感じてしまう人には特にオススメの方法です。
毎月の最初から「余裕ゲージ」を明確にしておいて、その減り具合で急なお誘いも断るかどうか判断できるというのは想像している以上に楽です。
illust594_thumb
特に「借金のせいで毎月こんなにてんてこ舞いなんだ」と思わなくて済むのは大きなメリットです。


この状況を楽しむくらいの余裕を

さらにこの方法のメリットは「減っていく楽しさ」もより明確になるということです。
きちんと返してきちんと減っていく様はだんだん楽しささえ感じてきます。
もちろん「自由なお金」が余ったらそれを繰り上げ返済していきましょう。
1万円余ったら7000円を繰り上げ返済して3000円で好きなラーメン屋で好きなものを注文するとか、オシャレなカフェでケーキとコーヒーを頼むなどのプチ贅沢をするというのも良いですね。
繰り上げ返済などをすると残り返済回数などが変わって面倒くさいという方もご安心ください。
消費者金融のHPで残り回数と借入残高がすぐチェックできるので自分で計算する必要はありません!


最初の記事>>消費者金融の歴史について