審査と個人信用情報は消費者金融の融資を左右する

無担保で保証人のいらない消費者金融での融資は利用しやすいとはいいますが、その融資には「審査」が必要です。審査に通らなくては融資をしてもらうことができません。その審査の基準となるものが「個人信用情報」です。


<担保をとらない代わりに保険になるものを調べる>

消費者金融から融資が受けられるかどうかは審査が通るかどうかです。その審査では個人が住む住居が持ち家か借家かいろいろなことが審査項目になっています。消費者金融は無担保融資ですが、担保をつけないかわりに個人の資産がどれぐらいあるかを調べたうえで、返済能力を考えて融資の額を決めるのです。いわば返済できなかったときの保険ということなのです。


<借りるためにはあなたの全てが調べられる>

無担保でお金を借りるためには個人の信用が重要です。そのためには個人の氏名、住所、電話番号、勤務先など個人を特定するもの調べ、勤務先や住居には在籍確認なども行われます。他には今まで借り入れをしたことがあるのか、その金額はどれぐらいで、返済履歴はどうなのか。また残高や完済日、滞納などの事故情報や自己破産や債務整理など全て調べられるのです。これらを個人信用情報といいます。