消費者金融が支持される理由

調査機関が消費者金融利用者にアンケートを行なった結果、その用途目的で一番多かったのは生活費でした。ギャンブルやレジャーなどの娯楽費に利用する方が多いと予想していたので以外な結果に驚いた方の多いはずです。


消費者金融のサービスが支持されている

利用目的を生活費とする結果が多いという事から利用者の切実な生活背景を察する事ができます。アンケートでは「消費者金融と銀行のキャッシングでどちらも審査が通るものだった場合どちらを選びますか。」という質問に、多くの方が銀行よりも消費者金融を選んでいました。その理由として「最低金利もどちらも変わらなくなってきており、適用される金利にあまり違いがない」「銀行よりも申込みに関連するサービスの方が良い」というような声が聞かれたようです。


信頼がおける審査ノウハウ

単独で実施される消費者金融の審査は銀行審査よりもハードルが低いと言われています。その理由のひとつには、銀行が保証会社と共に2社体制で審査を行う事が挙げられます。しかし、大手の消費者金融は銀行の保証会社となっている場合が多く、その審査技術は信頼されており決して怠慢なものではないのです。審査技術はその会社がこれまでの利用者情を蓄積したものを利用しており統一された基準がある訳ではなく会社それぞれのノウハウという事ができます。