消費者金融の審査で収入証明書が必要になる場合

消費者金融では原則として身分証のみで審査に申し込みができるという手軽さが大きな魅力となっています。さらに現在はインターネットを利用した即日融資や即日審査などもあり、すぐに現金が必要なときでもすぐにお金を借りることができるという面で、利用者は増えているそうです。


身分証以外に書類がいることもある

高額の融資を申し込む場合には、収入を証明できる書類の提出を求められることがあります。金額は各会社で変わってきますが、消費者金融のルールを定めている貸金業法という法律では、個人の借り入れが一度に50万円以上となる場合と、他社から借りているお金を含めてすべての合計の債務が100万円を超える場合です。これは法律で収入をちゃんと確認しなければいけないとなっているので、この金額を借りる場合はあらかじめ、源泉徴収票や確定申告書などを自分で準備しておきましょう。


限度額が最初は低い?

限度額は、自由に借り入れが出来る金額の上限となります。返済の途中でも、この限度額までであれば自由に追加借り入れを行うことができます。この限度額は最初のうちは低いと言われています。返済をきちんと行えると判断されると限度額は返済の途中でも上がると言われています。会社によっても違いはありますが、限度額が低い場合は、返済をきちんと行う、繰り上げ返済などで返済実績をつくることが大切だと言われています。