消費者金融の金利の高さはなぜ?

消費者金融に限らず、金利は「回収の危険度をカバーする」という面からも設定されます。要するにいくら慎重に審査を行っても、何が起こるかわからないのが人生です。返せると思って借りていた人でも、状況の変化によって返せなくなってしまう可能性もゼロではありません。回収不能となる債権を抱えるかもしれない危険性は、「お金を貸し付ける」ということを生業としていれば、必ず抱えます。そのため金利はそういった危険性もカバーしてなおかつまだ儲かるというラインで決めてゆかねければならないのです。確実に回収できる可能性が高ければ、低金利でも儲けです。


<消費者金融の金利>

消費者金融はいつの時代も法で定められた上限金利のギリギリいっぱいで貸付を行う業者がほとんどです。それは担保や保証人を取らず、銀行などの金融業者の審査に比べて審査が甘いことにあります。それだけ属性が低く回収のリスクを負うことになりますので、金利も高めに設定しなければならないのです。利用者は「銀行から借りれる属性ではないが、これでも貸付を行ってくれる。その上スピーディーだ。」ということをメリットに、この金利を支払うということになります。大手の消費者金融では、優良な顧客に対して貸付限度額の増枠とセットで低金利を提案することもあります。金利は信用の大きさに反比例するものなのです。