消費者金融の限度額は利用することで上がる?

消費者金融では審査のときに限度額の申請をします。この限度額とは融資の上限金額となっています。限度額内であれば、返済の途中でも追加の借り入れを行うこともできます。キャッシングカード一枚あれば、ATMなどからお金を引き出すことができるので非常に便利です。


限度額の申請は低めに

消費者金融にとって、限度額は上限の金額です。つまり、返済をとどこおりなく行えるという信用がある相手にしか高い金額は融資できません。初めて消費者金融を利用する場合は、この限度額の設定が低いことが多いと言われています。これは会社が、利用者の持っている返済能力がわからないという部分が大きく、最初から高い金額を貸すことは危険だと判断するためです。融資の申し込みを行う場合は、限度額をあえて低めに設定することで、審査に通りやすくなると言われているそうです。


返していくうちにあがる?

必ず上がるというわけではありませんが、多くの場合は返済実績を作ることで、限度額は上がると言われています。返済期日までにちゃんと返済を行うこと、返済を終えてもしも余裕があるのなら繰り上げ返済を行うことなどで、返済能力があるということを示すといいと言われています。返済の途中でも、このように返済能力があると判断されれば、限度額が上がることもあるそうです。