消費者金融は総量規制の対象だから安心できる?

数年前から総量規制が施行されて、現在では金融機関からお金を借りる際その借入に制限がかけられるようになりました。
銀行はその規制の対象外となっており、年収の3分の1までしか融資を受けられないという制限なく融資が受けられるようになっています。
利息も低くなっていますしアルバイトやパートの方でも利用出来ますので人気となっていますが、専業主婦でもお金を借りることが出来るという事で女性からも支持されています。
一方、消費者金融は総量規制の対象になっていますから年収の3分の1までの借入しか出来ませんから、借入し過ぎを防ぐことが可能です。
即日融資が受けやすくなっているため、それに伴って借り過ぎてしまうリスクも高まってしまうのです。
総量規制はそんなリスクを低くしてくれるものなのですが、低所得者にとっては窮屈に感じてしまうものかもしれません。


<消費者金融の中で規制対象外ってないの?>

総量規制があると利用しにくいし銀行は審査が厳しいから、出来る事であればこちらが良いと考えている方もいるみたいです。
消費者金融の中で総量規制の対象外ってないの?と思っている方もいるでしょうけれども、実はレイクが対象外となっています!
新生銀行となったことで総量規制対象外になり、現在では年収3分の1に関係なく利用できるのが大きな魅力となっているのです。
完全に銀行なのかと言いますとそう言う事ではなく、消費者金融としての名残もまだ残っているみたいです。
レイクに無人契約機があるのは、その名残だと言われていますから、申し込む際に利用してみてはいかがでしょうか?


<一か所だけじゃない!>

一か所につき年収3分の1までと勘違いしている方も多いみたいですが、一か所という事ではないので注意しましょう。
総量規制はすべての消費者金融での利用金額の合計なのですべての借入金額の合計が3分の1を超えてしまいますと、規制を超えてしまう為借入が一切できなくなってしまいます。
いざという時に希望金額の借入が出来なくなってしまう事にも繋がりますから、普段からしっかり利用した分の返済を速やかに行う事が求められます。
消費者金融はとても利用しやすい場所ではありますが、それは個人差が生じてくることですのでまずは自分にはどんな場所が合っているのか、ランキングサイトなどを参考にして比較してみることをおすすめします。